小児歯科

tel_sp.png

お子さまのために、二人三脚で良い治療を

奈良の香芝KNデンタルクリニックでは、お子さまがひとりで治療を受けられると判断できるまでは、保護者の方にも診察室に入っていただいております。

お子さまの虫歯予防は、やはり本人のがんばりだけではどうにもならないところがあり、保護者の方のご協力が必要不可欠です。
そのためにも、実際にお子さまのお口の中の状況を一緒に見ながらご説明いたします。
そしてゆくゆくは、お子さまが「歯医者さん」を怖がることなく、ひとりで来院できるようになることを目指します。

歯の生え始めが予防のスタート

小さなお子さまの歯について、「いつかは永久歯に生え変わるんだから、虫歯の予防なんて気にしなくて大丈夫」なんて思っていませんか?
乳歯が虫歯になると、ただ痛いだけではありません。
実はその後の永久歯の生え方に影響してしまいます。
なぜなら、乳歯には次のような役割があるからです。

  • 永久歯が生えてくるのに備えて、隣の歯が邪魔しないよう場所を確保する
  • すぐ下で待機している永久歯の表面を保護する
  • 毎日しっかり噛むことでアゴの発達をうながす

ですから乳歯といって油断せず、「歯が生え始めたときから予防する」という考え方を持つことが重要です。
お子さまが将来困らないよう、早いうちに正しいブラッシングを身につけさせ、虫歯にならないよう気をつけてあげてください。

奈良の香芝KNデンタルクリニックでは赤い染め出し剤を使って、お子さまご本人と保護者の方に「どこが磨き残しになっているか」をわかりやすくご説明し、ブラッシングの指導(ハミガキトレーニング)をおこないます。

また大人の方がお子さまにしてあげる「仕上げ磨き」についてもご指導させていただきますので、ぜひ実践してあげてください。

フッ素塗布

フッ素の役目はただ「歯質を強化する」だけではなく、お口の中のむし歯菌や歯周病菌を減少させる効果があります。
実は、幼少期のお口の中の細菌数が大人になって影響してくるのです。それには「正しいフッ素塗布の塗り方」があります。

シーラント

萌出したての永久歯や乳歯は実は硬くなく(石灰化していない)、やわらかい状態です。
その時期に磨き残しやすい歯の溝を「フッ素を練り込んだ樹脂(シーラント)」をコーティングすることにより、フッ素の継続的効果とブラッシングのサポートをする処置です。
大切な歯がしっかり固まる(石灰化する)時期まで、フッ素塗布と共に行うと効果的です。予防歯科をご希望の方は、奈良の香芝KNデンタルクリニックへご来院下さい。

TEL:0745-71-7001
""