根管治療

tel_sp.png

自然の歯を残すために、歯の基礎部分からの治療

私たちの歯は、その根っこの部分に「歯髄」と呼ばれる神経の束が走っています。
根管治療は、この「歯の根」を治療することです。
侵入してきた細菌や感染してしまった神経をとりのぞき、きれいに掃除した上で再び封鎖します。

虫歯が進行すると、菌は根管内に侵入して炎症を起こします。
そのまま放置しているとそこは細菌増殖の温床となり、歯に対するダメージはどんどん広がってしまいます。そのため歯の神経をとるしかなくなってしまいます。

歯は一度抜いてしまうと、もう元に戻すことはできません。
そこで、奈良の香芝KNデンタルクリニックでは、根管治療をできるかぎり確実・丁寧におこなうことで、重度の虫歯であっても大切な歯を残せる可能性を高めることができます。

大切なのは治療後のメンテナンス

かつて、虫歯が進行して歯の神経が侵されてしまった場合、抜歯してしまうしかありませんでしたが、現在では根管治療により、抜歯せず歯を残せるようになってきました。

しかし、根管治療で神経をとりのぞいた歯は、健康な歯にくらべてどうしても脆くなってしまいます。
また根管治療にともなって装着した被せもの(クラウン)は、虫歯になることこそありませんが、神経がないために痛みなどの異変を感じにくくなるため、根管治療が終わった後も日常的なメンテナンスは欠かせません。メンテナンスを怠れば、虫歯の再発や歯周病の発症リスクが高くなってしまい、再び虫歯になってしまいます。

奈良、香芝KNデンタルクリニックでは根管治療をおこなった後は、毎日のブラッシングと並行して定期的にご来院いただいての検診をおすすめしております。

TEL:0745-71-7001
""