口腔外科

tel_sp.png

痛みの少ない、親知らずの抜歯は香芝KNデンタルクリニックにお任せ下さい

親知らずとは、10代後半ごろから歯の一番奥(真ん中から数えて8番目の場所)に生えてくる永久歯のことです。

多くの場合、歯肉や骨に邪魔されて埋まってしまい、正しく生えてくることができません。
そのため歯並びや噛み合わせに悪い影響をおよぼすことがあります。
また歯磨きのブラシも届きにくく、どうしても磨き残しが出てしまい、虫歯になりやすいという点も見逃せません。

親知らずは、必ずしも抜かなければならないわけではありませんが、既に虫歯になっている場合、他の歯に悪い影響をおよぼしている場合は抜歯をおすすめしています。

奈良・香芝市の香芝KNデンタルクリニックでは、専門医・口腔外科との連携により、抜歯が難しい症例であっても確実に対応してまいります。
まずはお気軽にご相談ください。

「お口の中のできごと」に幅広く対応する口腔外科

「口腔外科」という言葉は、一般的には聞き慣れないかもしれません。
こちらでは虫歯や歯周病の治療といった「歯」の問題の他に、口の中でおこるさまざまな疾患に対応しております。

それは顎関節症、顎や顔の骨折や外傷などの外科的疾患、口内炎および腫瘍、ドライマウス、さらに全身疾患と関わりのある疾患など、「お口の中でおこる病気や疾患」の多岐にわたります。

お困りのことがあれば、まずは奈良の香芝KNデンタルクリニックへご相談ください。

痛みが少なく、治りの早いレーザー治療は香芝KNデンタルクリニックへ

奈良の香芝KNデンタルクリニックでは、お口の中の患部の切開や止血にCO2レーザーを採用しております。
これは「炭酸ガスレーザー」とも呼ばれるもので、大きく切ってもほとんど出血がありません。

また治りが早いというのも大きなメリットです。
たとえば歯茎に膿がたまっている場合でも、従来なら麻酔をしてメスで切開して膿を出していましたが、ほとんどの場合、レーザーなら麻酔もメスも必要ありません。

奈良の香芝KNデンタルクリニックでは患者さまのご負担を軽くし、なおかつ安全性の高い治療を心がけております。

TEL:0745-71-7001
""