目立たない義歯・入れ歯

tel_sp.png

じっくり時間をかけて、患者さまに合った入れ歯をお作りします

「噛めない」「安定しない」「見た目が悪い」など、入れ歯で悩んでおられる方は多くいらっしゃいます。
さらに詳しく述べると、次のようなお悩みを抱えていらっしゃる方が多いのです。

  • 入れ歯と歯茎の間に食べものが入る
  • 入れ歯の装着時に痛みがある
  • 入れ歯の装着時にうまく発音できない
  • 食事中に入れ歯が外れそうになる
  • 会話中に入れ歯が外れそうになる
  • 運動中に入れ歯が外れそうになる
  • 食べものの味などがわかりにくい
  • 金具に食べものがはさまる

奈良の香芝KNデンタルクリニックでは、「なぜ入れ歯が必要になったのか?」というところから考えて、患者さまに合った入れ歯づくりを始めます。

なぜなら、入れ歯が必要となった患者さまの多くは、噛み合わせの機能が低下していることが多いためです。
その状態を深く理解した上で、ただ失った歯を補うだけでなく「噛める」入れ歯でなくては意味がありません。

そこで当院では、患者様のお口の状態によっては、最初に治療用の仮入れ歯(トリートメントデンチャー)をお作りし、患者さまに合った噛み合わせのポジションを調節しながら、半年から1年とじっくり時間をかけてよりよい入れ歯を作製いたします。
入れ歯(義歯)を一つの「人口臓器」と考えております。

目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

金属アレルギーや、入れ歯が目立ってしまうのが気になるという患者さまには、金具を使わない部分入れ歯である「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしております。

パッと見ただけでは入れ歯を装着しているのかわからず、高い審美性を持っており、さらに軽くてやわらかい樹脂素材を使っていますので装着感についても満足度の高い入れ歯です。
さらに残っている自然な歯への負担も軽くすることができます。

ただ、当院が考えるノンクラスプデンチャーは、すべての患者さまに適用できるとは考えておらず、症例によっては不向きな場合もあります。
まずは、お気軽に奈良、香芝KNデンタルクリニックにご相談下さい。

TEL:0745-71-7001
""